青みかんで花粉症が楽に。。。

花粉症のメカニズム

 今や花粉症は3人に1人が罹患しているといわれています。

【参考資料】花粉症2,880万人、アトピー性皮膚炎2,100万人、気管支炎960万人

花粉症を引き起こす花粉は、 空気中を広く飛散している間に、車の排気ガスの環境汚染物質などが結合してアレルゲンとなります。
汚れた花粉が目に入ると涙が出て、目が真っ赤になるアレルギー性結膜炎が起こります。
鼻の中に入ってくると、連続的なくしゃみや、多量の水様性鼻汁を出すアレルギー性鼻炎を起こします。

花粉症でつらい時期には

 花粉症の人が、青みかんの乾燥品1回0.5〜2gを飲むと花粉症が楽になり、飲んでいる期間中は大変楽であるとの結果を得ています。
アレルゲンとなる花粉が飛散している期間中はとくに飲んでいた方がよいでしょう。 毎年2月〜4月に花粉症を発症するとわかっている人は、1月頃から飲み始めた方がよろしいです。
朝に花粉症の起こる人は、目覚めた直後に青みかんをお飲みください。